メシはホントに女性の仕事?

仕事をしていると、ついつい食事は簡単になってしまいます。

男子、厨房に入るべからず、なんて言葉がありますよね。
家庭での食事作りは女性の仕事、という考え方が元になっているんでしょうけど、
ホントにそうなのかな?と思う瞬間が多々あります。
まあ一昔前なら女性の仕事は家庭を守ること、ってのが普通でしたから、当然、食事の
準備も必然的に女性に任されるようになる、というわけです。

しかしここでちょっと考えてみて下さい。世間一般でいわゆるシェフであったり、板前さんであったり。その中で女性の割合って
どのぐらいなんでしょう?決して高くはないはずです。料理学校の先生はいても、一流の料理人ってのに女性の姿はあまり
見ないものですよね。そうやって考えると、料理ってのは必ずしも女性の仕事ってわけではないんじゃないかな、と思います。
むしろ古来より男性の方の仕事なんじゃないでしょうか。
別に女性を蔑視しているわけじゃありません。むしろメシは作ってほしいです。しかしそれが本職、となると話は違って
くるんじゃないかな、と思っているだけなんです。

実は料理人ってのは結構過酷な仕事なんですよ?常に火の前にいますから暑いですし、刃物を扱うから切り傷なんてのも
しょっちゅうですしね。それに基本、立ちっぱなしの仕事ですから足腰への負担も大きいですし、中華だとデカい鍋を
振ったりもしますから腕力もいる。そうやって考えると、あまり女性向きの仕事じゃないんじゃないかな、と思えます。
ま、正直うまいメシが食えるならどっちでもいいんですけどね。

帰ったら、温かい料理が待ってるなんて日が来ないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です