目標は「遊び」を楽しむために仕事する!

横浜大好きな田舎者だった私は、憧れの職業につき、憧れの横浜についにやって来ました。
今ではすっかりエセ横浜っこです(笑)とはいえ、仕事もあるのでそうそう横浜の街で遊ぶなんてこともできるものではありません。
それでも、仕事とプライベートのバランスを保ちつつ、なんとかここまでやってくることができました。

日々暮らしていれば、もちろん色々なことがあります。そして、色々なことがある職場で働いているので、当然ながら色々なことがあります。
良いことも悪いこともありました。そして、それを乗り越えて今の自分があるのだと思います。少しは成長したのかな?
そこで、私の乏しい横浜での街の暮らしの経験と、看護現場で働いてきた経験の中で、日々思うことを少し披露してしまおうと思っています。

職場には、バリバリな職業人もいれば、プライベートもしっかり楽しんでいる人もいます。中には、プライベートばかりがんばっているけしからん人もいます(苦笑)
私は、当初は好んで入った職場なので、自分は仕事人間になるものと勝手に思っていました。ですが、よくよく考えてみると、私ほどおちゃらけた人間もそうはいません(爆)
結局今のところ、仕事に重きを置きつつも、プライベートの充実にもそれなりに気を遣っている、不真面目ではないものの、適当な看護師さんになってしまっています。

ただ、看護師の仕事は一言で言えば激務ですから、仕事一辺倒な人では続かないと思います。
長く続けないと分からないことがとても多い職場なので、例えば入っても2年以内に辞めてしまうような人では、一緒に働く人が困ってしまいます。
ですので、プライベートではなるべくリラックスするように心がけています。それでなくても、緊張しっぱなしの職場ですから。
そのためには、空いた時間にちょっとしたお楽しみを持ったり、休みの日には趣味に没頭したり、たまにおいしいものを食べに出かけたり、で、結果増量して涙を飲んだり(笑)そんな、一般的な楽しみもあるのです。

うちの病棟の看護師長はわりとくだけた人で、いつも「遊び疲れるくらい遊んで、息抜きのために仕事をする」と言っています。
案外、それくらいのつもりでいるほうが、良い緊張感を持って仕事ができるのかもしれません。
看護師長は看護部全体のマネジメントや様々な管理を行う大変な仕事だと思うのに、「息抜きのために仕事をする」ってすごいなぁと思います。
看護師長って大変な仕事なんですよ。→http://www.nurse-life.net
私はまだまだ修行が足りないので、看護師長のような境地にはなれません。
仕事とプライベートのバランスを適度にとって、長くこの仕事を続けていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です